Sponsored Link

セルガス・カーノによる自然の中のたたずまいが印象的なオフィス



森の中にたたずむガラス張りの建築は、スペインの建築家、Selgas Cano(セルガス・カーノ)のオフィスです。モダンなデザインと自然の組み合わせが実に印象的。カプセルのような細長い箱が地面に埋められるように建てられています。天井まで回り込んだアール状のガラスから自然光が注ぐ明るい内部。大胆に使われたイエローと外部空間とのコントラストが鮮やかです。セルガス・カーノの建築は、原色に近い色彩を大胆に使うのが特長の一つ。都会の喧騒から離れながら、刺激的なデザインを生み出すためにはふさわしいデザインかもしれません。
地下へ降りていく入り口へのアプローチ。