Sponsored Link

アトリエ天工人の設計したトレーラーで移動できる住宅

山下保博の主催するアトリエ天工人の設計したトレーラーで移動できる住宅(plataformaarquitectura)。東北関東大震災を受けて計画され、仮設住宅として被災地に運搬し復旧後はまた移動できるよう開発されたもののようです。建物自体は30年の耐久性があるとしているので、継続的に住むことを前提としているようです。

電気や水道、下水はどうするのかは、リンク先がスペイン語のため不明ですが、立派なキッチンやバスも備えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする