Sponsored Link

アレックス・ローマンの美しい建築3DCG映像の数々

スペインのCGクリエイター、アレックス・ローマン(Alex Roman)の美しい建築3DCG映像作品の数々を紹介します。
少し前にネット上で非常に話題になった作品。建築系やデザイン系のサイトではあまり取り上げられることがないので掲載してみました。


The Third & The Seventh

Kahn’s Exeter Short Film

T&S Teaser2

T&S Teaser 3

作者のアレックス・ローマンは1979年生まれのスペイン在住のクリエイター。学校卒業後、CGプロダクション、建築関係の会社に務めた後に退職し、個人的に映像作品を作り始めました。建築の取材から始まり、モデリング、テクスチャー、カメラワーク、映像編集をすべてひとりでこなし、さらに風に揺れる木々などの表現は自分でプログラムを組み上げてつくり上げたとのこと。実写かと見紛うようなクオリティの高さから、作者の非凡な才能と建築に対する愛情が伝わってきます。


Compositing Breakdown (T&S)

これを見るとどのように作られているかがわかります。


これらの作品を発表後、しばらく沈黙を守っている作者ですが、次回作に期待です。カメラの使い方だけとっても、これだけの技術と知名度があれば、あるいは建築写真家としても十分にやっていけそうな気もします。IWAN BAANにも引けを取らない写真をとるはず。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする