Sponsored Link

snohettaによる広大なスロープの屋上を持つ施設Wolfe Center

ノルウェーを拠点に活動する建築事務所、Snohetta(スノヘッタ)の設計による Wolfe Centerは、アート、デザイン、演劇などの学生がコラボレートするための劇場やスタジオを備えた、オハイオ州のボーリンググリーン州立大学内の施設です。

地面からそのままスロープ状に立ち上がる緑化が施された屋上が最大の特長。snohettaは1987年の設立当初から、ランドスケープと建築を同時に設計していくことをひとつの方針としており、Wolfe Centerではそうしたコンセプトが明解に実現されています。

劇場は先進的な外観とは対照的に重厚なデザイン。

北欧のアーキテクトらしいデザインのロビー。

同じ北欧の建築設計組織のBIGと比較してみると、現代的な新しい建築のあり方を模索する点や設計手法に近いところがあるものの、目指すところや表現に違いが見られます。

スノヘッタに関連する記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする