designote一覧

建築を考える ペーター・ツムトア

Peter Zumthorは、中世の石工が石を彫るように 身をけずり、 魂をこめてつくりつづけている。光を求めて ――安藤忠雄(建築家) 素材、土地がもつエネルギー、構造と細部、光と影の設計に徹底的にとりくみ、 詩的で情感にみちた、類稀なる建築空間を生み出してきた建築家ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)。 理想の建築について、美について、光について―― 創造において信じていること、実在させたいと願うものへの思いを綴った初エッセイ集、待望の邦訳。 口絵写真=杉本博司(Architectureより3点) /ブックデザイン=葛西薫 [目次] 物を見つめる 美しさの硬い芯 物への情熱 建築の身体 建築を教える、建築を学ぶ 美に形はあるか? 実在するものの魔術 風景のなかの光 建築と風景 ライス・ハウス 著者について Peter Zumthor (ペーター・ツムトア) 1943年スイス、バーゼルの家具職人の家に生まれる。父の元で家具職人の修業後、バーゼルの工芸学校(Kunstgewerbeschule Basel)とニューヨークのプラット・インスティテュート(Pratt Institute)で建築とインダストリアルデザインを学ぶ。その後10年間、史跡保護の仕事に携わり、1979年に建築家として独立。以来、卓越した素材づかいでクラフト的に美しく、構造的にも優れた建築を生み出しつづけている。代表作に〈聖ベネディクト礼拝堂〉(1988)〈テルメ・ヴァルス〉(1996)〈ブレゲンツ美術館〉(1997)〈ブルーダー・クラウス野外礼拝堂〉(2007)がある。2008年に高松宮殿下記念世界文化賞、2009年にプリツカー賞受賞。2011年には「サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン 2011」を手がけた。現在、スイス・グラウビュンデン州ハルデンシュタインのアトリエにて活動。 1943年にスイスのバーゼルに生まれた。家具製作を生業とする家庭で幼い頃から木工仕事に親しんで育ち、父親のもとで家具製作工としての職業教育を受けた。バーゼルの造形学校で“室内建築”およびデザインを学び、ニューヨークのプラット・インスティチュートでインダストリアル・デザインを学んだ後、スイス・グラウビュンデン州(スイス南東部に位置)にて歴史的建造物の修復の仕事に携わった。 1979年、同州ハルデンシュタインにアトリエを設立、ここを拠点に活動を展開し、スイスの内外に作品を残している。建築家としての活動のかたわら、スイスのイタリア語圏にあるルガーノ大学のメンデリジオ建築アカデミー(Accademia di Architettura Mendrisio、AAM)の教授として教鞭をとっていた。