Books一覧

建築を考える ペーター・ツムトア

Peter Zumthorは、中世の石工が石を彫るように 身をけずり、 魂をこめてつくりつづけている。光を求めて ――安藤忠雄(建築家) 素材、土地がもつエネルギー、構造と細部、光と影の設計に徹底的にとりくみ、 詩的で情感にみちた、類稀なる建築空間を生み出してきた建築家ペーター・ツムトア(ピーター・ズントー)。 理想の建築について、美について、光について―― 創造において信じていること、実在させたいと願うものへの思いを綴った初エッセイ集、待望の邦訳。 口絵写真=杉本博司(Architectureより3点) /ブックデザイン=葛西薫 [目次] 物を見つめる 美しさの硬い芯 物への情熱 建築の身体 建築を教える、建築を学ぶ 美に形はあるか? 実在するものの魔術 風景のなかの光 建築と風景 ライス・ハウス 著者について Peter Zumthor (ペーター・ツムトア) 1943年スイス、バーゼルの家具職人の家に生まれる。父の元で家具職人の修業後、バーゼルの工芸学校(Kunstgewerbeschule Basel)とニューヨークのプラット・インスティテュート(Pratt Institute)で建築とインダストリアルデザインを学ぶ。その後10年間、史跡保護の仕事に携わり、1979年に建築家として独立。以来、卓越した素材づかいでクラフト的に美しく、構造的にも優れた建築を生み出しつづけている。代表作に〈聖ベネディクト礼拝堂〉(1988)〈テルメ・ヴァルス〉(1996)〈ブレゲンツ美術館〉(1997)〈ブルーダー・クラウス野外礼拝堂〉(2007)がある。2008年に高松宮殿下記念世界文化賞、2009年にプリツカー賞受賞。2011年には「サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン 2011」を手がけた。現在、スイス・グラウビュンデン州ハルデンシュタインのアトリエにて活動。 1943年にスイスのバーゼルに生まれた。家具製作を生業とする家庭で幼い頃から木工仕事に親しんで育ち、父親のもとで家具製作工としての職業教育を受けた。バーゼルの造形学校で“室内建築”およびデザインを学び、ニューヨークのプラット・インスティチュートでインダストリアル・デザインを学んだ後、スイス・グラウビュンデン州(スイス南東部に位置)にて歴史的建造物の修復の仕事に携わった。 1979年、同州ハルデンシュタインにアトリエを設立、ここを拠点に活動を展開し、スイスの内外に作品を残している。建築家としての活動のかたわら、スイスのイタリア語圏にあるルガーノ大学のメンデリジオ建築アカデミー(Accademia di Architettura Mendrisio、AAM)の教授として教鞭をとっていた。

日本の住宅をデザインする方法 (エクスナレッジムック)

内容紹介 ●内容紹介 本書は、日本の気候・風土に根ざした心地よい住宅設計とは何かという問いに7名の建築家が応えたものです。 単なる和風ではなく、「和」を手がかりに各建築家がどのように自身の住宅設計手掛けているのか。 写真と図面をふんだんに取りあげてそれぞれの住宅に対する考え方が深く理解できるようになっています。 住宅設計を志す人たちには豊富な図面は見ているだけでも楽しい内容です。 ●目次 [巻頭言「 和」を語る [part1]「 和」の家の構成 [part2] 「和」の空間 玄関/居間・食堂/和室/台所/水廻り [part3] 「和」のディテール 屋根・軒廻り/庇/外壁・外部造作/外部開口部廻り/ 内壁・内部開口部廻り/床・脚部廻り/天井/床の間/階段・手摺/建具・仕切り [part4] 「和」の外部空間 玄関アプローチ/門・塀/庭・中庭 [part5] 「和」の家具・照明 家具/照明

竹内薫×藤本壮介 建築には数学がいっぱい!? [単行本]

竹内 薫 1960年東京都生まれ。東京大学教養学部教養学科と理学部物理学科を卒業。マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学)。理学博士。サイエンス作家として物理書や数学書を執筆するかたわら、フジテレビ系「たけしのコマ大数学科」などテレビでも活躍 藤本 壮介 1971年北海道生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。2000年藤本壮介建築設計事務所を設立。現在、東京大学特任准教授、東京理科大学非常勤講師。主な作品に情緒障害児短期治療施設、House O、House N、くまもとアートポリス「次世代モクバン」、武蔵野美術大学美術館・図書館、東京アパートメントなど。2011年には台湾に建設予定の高さ300mの台湾タワー設計競技で1等に選ばれる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

藤本壮介読本

原始に立ち返り 未来を切り開く 野に育まれた大らかな感性は、街の喧噪に森の居心地を見つけ、 未来の豊かさを求めて建築は、原始の記憶を取り戻す森となる。 小さい頃のこと 北海道→東京→外国 大学卒業―暗黒時代へ 暗黒時代からの脱出―青森県立美術館コンペティション 事務所開業―抽象化という作業 原理の発見と展開―プリミティブ・フューチャー・ハウスとモクバン ■Primitive Future House,2001年 ■北海道のアトリエ,2005年 ■くまもとアートポリス次世代木造バンガロー,2005-08年 ■T House,2003-05年 インターネット時代の建築とは―T Houseと安中環境アートフォーラム ■安中環境アートフォーラム コンペティション応募案,2003年 ■伊達の援護寮,2003年 伊達の仕事のこと ■情緒障害児短期治療施設 生活棟,2005-06年 ■7/2 House(情緒障害児短期治療施設 家族療法棟),2005-06年 住宅について ■House O,2006-07年 ■House N,2006-08年 ■House H,2007-09年 ■House NA,2007-11年 ■House OM,2007-10年 都市と森―東京アパートメントとHouse before House ■東京アパートメント,2006-10年 ■House before House,2007-08年 ■Benetton Building ベネトン・テヘラン店舗ビル複合施設 国際設計競技応募案,2009年 武蔵野美術大学 美術館・図書館について ■武蔵野美術大学 美術館・図書館,2007-10年 原理をめぐって インスタレーションと身体感覚 ■Inside/Outside Tree Architects Build 1:1 Spaces展,2010年 ■Future Beauty: 30 Years of Japanese Fashion展 会場構成,2010年 ■藤本壮介展 「山のような建築 雲のような建築 森のような建築」,2010年 海外で仕事をするということ ■House B,2009年- ■Garden Gallery,2010-11年/Glass Cloud,2010年- 経済原理と建築 ■UNIQLO 心斎橋店,2009-10年 中国でガラス建築をつくる―De Museum Complex ■De Museum Complex,2010年- 社会性と建築 ■岐阜大学医学部棟跡地複合施設 プロポーザル2次審査通過案,2011年 立体格子とその展開 ■Omotesando Hotel,2010年 ■LA Small House,2010年- ■Floating Stone Pavilion project for Chateau La Coste,2011年- ■Smallest/Largest Art Museum project for Chateau La Coste,2011年- インフラから身体まで ■1000m2 House,2008年- ■Nube Arena ラス・トレス・デ・コティラス新音楽ホール 国際設計競技2等案,2010年 ■Cloud ベトン・ハラ・ウォーターフロントセンター,2011年-

柳宗理 エッセイ

柳 宗理(やなぎ そうり、Sori Yanagi、1915年6月29日 - 2011年12月25日)は日本のプロダクトデザイナー。ユニークな形態と意外な実用性を兼ね備えた作品が多く、代表作に「バタフライ・スツール」がある。実父は柳宗悦、祖父は柳楢悦。工業デザインの他に玩具のデザイン、オブジェなども手がける。金沢美術工芸大学客員教授。本名は柳 宗理(やなぎ むねみち)。