「 藤本壮介 」一覧

ハンガリー・ブタペストの音楽ミュージアム、日本人建築家藤本壮介が勝利

sou-fujimoto

ハンガリー・ブタペストの音楽ミュージアム「House of Hungarian Music」の設計コンペでの、藤本壮介の勝利案。
続きを読む

藤本壮介がパリで初のインスタレーション

建築家、藤本壮介によるパリ、チュイルリー庭園で初のインスタレーションを行いました。
sou-fujimoto-fiac-paris-01
© marc domage
続きを読む

藤本壮介による多目的タワー「l’Arbre Blanc」(白い木)

藤本壮介によるフランス・モンペリエに建築予定中の多目的タワー「l’Arbre Blanc」(白い木)。
© RSI + Foujimoto + NLA paris + Oxo Architects
続きを読む

藤本壮介の設計による社宅 せとの森住宅

藤本壮介の設計による広島県のせとの森住宅。某造船所の社宅。
setonomori-sou-fujimoto-03 続きを読む

ドイツで行われている藤本壮介の作品展の画像と動画

日本の建築家、藤本壮介のドイツ、ビーレフェルト美術館での作品展の画像と動画です。
© Benedikt Kraft / DBZ 続きを読む

200平方メートル“世界一大きなトイレ”設計は藤本壮介



藤本壮介が設計している市原・小湊鉄道飯給駅のトイレの模型写真です。杉の丸太を数百本使用した塀で囲まれた200平方メートル「草原」のまんなかに、ガラス張りのトイレをたてるという斬新すぎる案。4月に完成予定。
200平方メートル“世界一大きなトイレ” 市原・小湊鉄道飯給駅に4月完成  「台湾タワー」の藤本氏デザイン(ちばとぴ)

竹内薫×藤本壮介 建築には数学がいっぱい!? [単行本]

建築には数学がいっぱい!?

建築はミステリーに満ちている。A(architecture)に隠されたM(mathematics)を探せ。
「科学的なトピックを語る達人である竹内先生と対話していく中で、建築家としての僕の素朴な疑問が意外な話題に展開し、なぞなぞから幾何学へ、無限の話から果ては宇宙エレベーターや未来の都市まで、竹内先生に手を引かれるようにして、好奇心の赴くままに散策」した本(藤本壮介)

藤本壮介が設計したガラス張りの家「House NA」の動画

藤本壮介が設計したガラス張りの家「House NA」の動画がyoutubeにアップされています。



amazon
藤本壮介|原初的な未来の建築 (現代建築家コンセプト・シリーズ)

藤本壮介の設計による入れ子の住宅「House N」

藤本壮介の設計による住宅「House N」の記事がdezeenに新たにアップされています。3つの箱を入れ子にしたような構成で、一見すると内なのか外なのかわからない不思議な空間です。「入れ子にすることで物理的な大きさを超えたかった、それがベースのアイデア」(藤本壮介)

amazon
藤本壮介|原初的な未来の建築 (現代建築家コンセプト・シリーズ)

藤本壮介によるガラス張りの住宅”House NA”

建築家、藤本壮介によるガラス張りの住宅、”House NA”です。ガラスに囲まれた小部屋が高さを変えランダムに積層しているような構成。

建築家は、施主にプレゼンテーションするにあたり3案のプランを用意したところ、一番過激なこの案を採用したそう。

想像通り、夏は熱く冬は寒いそうですが施主は満足しているとのこと。構造は55mm角のスチールの無垢柱によるラーメン構造。


Photo image by Domus

藤本壮介による台湾タワーのコンペ勝利案

建築家藤本壮介による台湾タワーのコンペ勝利案です。
sou-fujimoto-taiwan-tower-02
続きを読む

藤本壮介の台湾タワーコンペ勝利案

建築家、藤本壮介の台湾タワーのコンペの勝利案です。無数の鉄骨が絡みあい構造となっています。
sou-fujimoto-tiwan

藤本壮介読本


藤本壮介読本

原始に立ち返り 未来を切り開く
野に育まれた大らかな感性は、街の喧噪に森の居心地を見つけ、
未来の豊かさを求めて建築は、原始の記憶を取り戻す森となる。

関連する記事

藤本壮介がデザインしたアパレルブランド「sacai」フラッグシップストアの画像

藤本壮介がデザインしたアパレルブランド「sacai」フラッグシップストアの画像がfashonsnap.comにあります。
xsacai_shop_sou_fujimoto

藤本壮介による武蔵野美術大学図書館

藤本壮介による武蔵野美術大学図書館の画像がdezeenにあります。
sou_fujimoto

木のパネルによる構造体が、建築内部そのまま書架になるデザイン。

VIA dezeen

藤本壮介のヴィクトリア&アルバートミュージアムで展示した作品についてのインタビュー

2010年6月に開催されたヴィクトリア&アルバートミュージアムでの展示作品について、藤本壮介が語っています(英語)。インタビューだけでなく、作品の制作風景やスタディモデルなども見られます。



以下、作品についての抄訳です。 続きを読む

建築が生まれるとき

建築が生まれるとき
藤本 壮介
1971年北海道生まれ。1994年東京大学工学部建築学科卒業。2000年藤本壮介建築設計事務所設立。現在東京大学特任准教授、慶應義塾大学、東京理科大学非常勤講師。主な作品「伊達の援護寮」(2003、JIA新人賞、AR AWARDS入賞)。「安中環境アートフォーラム国際設計競技」(2003、最優秀賞)。「T house」(2005、東京建築士会住宅建築賞金賞、AR AWARDS入賞)。くまもとアートポリス設計競技「次世代モクバン」(2005、最優秀賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Sponsored Link